• ホーム
  • 花粉症対策には乳酸菌を多く含んでいるヨーグルト

花粉症対策には乳酸菌を多く含んでいるヨーグルト

花粉症対策の主要なものとして、まずマスクの着用が挙げられます。
アレルギー反応を引き起こす元凶・アレルゲン(花粉)を、身体に入れないようにするというのが最も有用な対策として用いられています。
さらに、うがい・手洗いや顔・眼の洗浄、帰宅時に衣服の花粉を落とす、窓をできるだけ開けないなど、花粉症対策は「防御」することが非常に有効です。

この他に花粉症対策として取り上げるならば、「食事療法」です。
私たちの身体の体質を健康に保つのはもちろん、アレルギー反応が出にくいように変化させるのも効果的です。
中でも、花粉症対策として有力候補に挙げられている食品が、ヨーグルトです。
実際に、その効果の恩恵を受けるべく実践している人は多いです。

花粉症対策としてなぜヨーグルトが有効なのかといえば、豊富に含まれている乳酸菌です。
よく腸内の働きを整える整腸作用がクローズアップされる乳酸菌食品ですが、実はダイエット効果やさまざまな疾患の改善にも役立つ、優秀な食品です。

そもそも、乳酸菌の持つ働きは腸内をスッキリさせる程度にしか思っていない方も多いのではないでしょうか。
しかし、乳酸菌は体質改善は元より、免疫力や代謝の向上を含め、多くのメリットをもたらしてくれます。
腸内には悪玉菌(ピロリ菌や大腸菌)、善玉菌(ビフィズス菌など)、中立の立場をとる日和見菌と呼ばれる無数の菌が棲んでいます。
体内の健康は、善玉菌と悪玉菌の多数決によって体調が左右されます。
早い話、悪玉菌の数が多くなれば風邪や大きな疾患にかかりやすくなります。
日和見菌は多数の味方につくため、悪玉菌の勢力が拡大すれば、善玉菌は押されてしまいます。

反対に、善玉菌の勢いが強ければ身体の免疫力は向上して、少々のウイルスや微生物が侵入してもすぐに退治してしまいます。
腸内環境のバランスを整え、善玉菌の戦局を有利に持って行くのが「乳酸菌」です。
乳酸菌は善玉菌であるビフィズス菌のエサであるため、乳酸菌を多分に含むヨーグルトなどを摂取することで、腸内環境が整い免疫力が向上するという仕組みです。

免疫力の向上は、花粉症状にも効き目があります。
花粉症状は、鼻や喉にアレルゲンである花粉が侵入し、粘膜に付着することで、アレルゲン=異物を身体から追い出そうとする反応「生体防御反応」が過剰になっている状態です。

食生活・生活習慣の乱れや、疲労・ストレスといった要因で腸内細菌のバランスが崩れて、免疫力が低下した結果アレルギー反応が激化するため、ヨーグルトなどで乳酸菌を投入して腸内の蠕動運動を活性化し、体質改善を図ることにより、アレルギー反応、ひいては花粉症状が和らぐという仕組みです。

花粉症予防に効果的なヨーグルトの食べ方

いくらヨーグルトが予防効果があるとは言っても、花粉のシーズンになってから摂取してもあまり大きな効果はのぞめません。
最低でも、花粉のシーズンが始まる2~4週間前から摂取しはじめるのがベストです。
ヨーグルトがもたらす体質改善効果は、数時間や数日といった短い期間で図ることはできません。
そもそも、善玉菌であるビフィズス菌は1~10兆ほど棲まうのに対して、エサである乳酸菌は100分の1以下です。
腸内環境を整えるのは一朝一夕では困難なため、最低でも2~4週間前から摂取し始めることが必要ということになります。

花粉症予防としてヨーグルトを摂取する際気をつけたいのは、飲みやすくするために加える「白砂糖」です。
免疫力低下を防ぐ効果のあるビタミンBは、白砂糖を加えることで減少してしまいます。
どうしても飲みにくいのであれば、黒糖を使用すると良いでしょう。

黒糖の他に、花粉症状を和らげる効果のあるオリゴ糖を含んだ、ハチミツも最適です。
強い殺菌効果を持つポリフェノールが数十種類含まれていることも有用です。
ケンフェロールやケルセチン、p-ヒドロキシ安息香酸やバニリン酸・ガランギンなどが代表的です。
これらの成分は、鼻や喉・目の粘膜に花粉が付着した際にアレルギー症状を引き起こす「ヒスタミン」の分泌を抑えて、花粉症状を和らげる効果を持っています。

ヨーグルトにハチミツもしくは黒糖を加えて飲みやすくしたり、同じく花粉症状の緩和の効果があるリンゴやバナナなどのフルーツを同時に摂取すると良いでしょう。
花粉症状が出る前、遅くとも2~4週間前から飲み始めるように心がけると良いです。
もちろん、シーズン問わず日頃から乳酸菌食品を摂取することで、体質改善を図るのは花粉症対策だけでなく健康面・美容面でも非常に効果が高いです。

関連記事