クラリチンで鼻炎を解消

クラリチンは、花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻詰まりの症状を改善してくれる薬です。
この薬の有効成分はロラタジンというもので、アレルギー症状を起こす原因となるヒスタミンという物質の働きを防いでくれます。
クラリチンを使用する場合には、通常1日1回の服用で良く、1日中効果が持続することが特徴となっています。
効果は普通薬を飲んですぐに現れますが、人によっては十分な効果発現までに数日くらいの時間掛る場合があります。

ロラタジンというのは、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類される薬です。
抗ヒスタミン薬には第一世代のものと第二世代のものがあり、ロラタジンは比較的新しく開発された薬になります。
第二世代の抗ヒスタミン薬は第一世代の抗ヒスタミン薬とくらべると、鎮静作用や倦怠感などの副作用が少ないことが特徴です。
また、抗コリン効果がないため、胃部不快感や便秘などの副作用もほとんどありません。

人の身体のなかに花粉やハウスダストなどのアレルゲンが入ってくると、免疫機能が働いてヒスタミンという物質が分泌されます。
ヒスタミンは血管を拡張したり、血圧を降下させるなど様々な働きを持っていますが、過剰に分泌されると、ヒスタミン受容体と呼ばれるタンパク質と結びついてしまいます。
花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状は、鼻粘膜にあるヒスタミン受容体にヒスタミンが結合することによって起こります。

クラリチンを飲んだ場合、鼻粘膜にあるヒスタミン受容体をブロックして、ヒスタミンが結合することを防いでくれます。
そのため、ヒスタミン受容体が刺激されることによって起きるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状を予防することができるのです。
また、花粉やハウスダストによって起きる目や皮膚のかゆみなどにも効果があります。

クラリチンは、皮膚科やアレルギー科などの病院を受診して処方箋を書いてもらえば、薬局で処方してもらうことができます。
その他に市販薬としても販売されていて、ネット通販を利用して購入することも可能です。
ネット通販を利用した場合、ドラッグストアなどで買うときにくらべて安い値段でクラリチンを購入することができます。

人によってアレルギーが出るタイミングが異なる

花粉やハウスダストなどが身体のなかに入ってきた場合、アレルギー症状はすぐに起きると考えている人も多いかもしれません。
実際、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状が出ている人では、身体の免疫機能が働きやすい状態になっていて、アレルゲンが入ってきた場合すぐにアレルギー症状が起きてしまうことが多いです。
とくに花粉やハウスダストなどは、鼻粘膜に少量付着しただけでもくしゃみや鼻水などの症状を引き起こします。

しかし、アレルギー症状が起きるタイミングというのは、人によって異なります。
人によっては体内にアレルゲンが入ってすぐにアレルギー反応を引き起こしますが、なかには時間が経ってからアレルギー反応を起こす人もいるのです。
花粉やハウスダスト、食べ物など、アレルゲンの種類によってもアレルギー反応を引き起こすまでにかかる時間は違います。

人がアレルギー症状を起こす場合には、ヒスタミンのほかにロイコトリエンやトロンボキサンなど、様々な化学物質が関わっています。
これらの物質は、普段は肥満細胞のなかなどに蓄積されていて、免疫機能が働くと放出されるようになっています。
免疫機能はIgEやIgGといった免疫グロブリンによってコントロールされていますが、身体のなかに入ってくるアレルゲンの種類によって、これらが働き始めるまでにかかる時間も異なるのです。

食物アレルギーを起こす人では、通常アレルゲンとなる食べ物を食べてから30分~2時間くらいでアレルギー反応が起きるとされています。
花粉やハウスダストなどの場合はこれよりも早く、異物が入ってきてすぐにアレルギー反応が起こります。
しかし、アレルギー性鼻炎のなかでも鼻づまりの症状は、異物が入ってきてから発症するまでに時間掛る人もいます。
また、人によってはアレルギー症状が起きやすい時間帯も異なっています。

クラリチンは即効性が高く、飲んでから30分~1時間くらいで効果発現し始めます。
この薬は1日1回の服用で良く、作用は1日中続きます。
副作用は、複数ある抗ヒスタミン薬のなかでも少ないほうです。

そのため、アレルギーを起こしやすい時間帯を気にすることなく使用することができます。
また、安い市販薬なども販売されているので、鼻炎の症状がひどくてつらいという人は自宅にある程度の量を常備しておくと良いでしょう。

関連記事