• ホーム
  • アレルギーを子どもに遺伝させない方法はあるか

アレルギーを子どもに遺伝させない方法はあるか

アレルギーは辛い症状が多いため、できるだけ子どもには遺伝させたくないと考える親も多いでしょう。
ですがまったくアレルギーを遺伝させない方法というのは現在の医療では見つかっていません。
子どもに遺伝するかどうかは両親のアレルギー疾患の有無に大きく関係します。
両親のどちらもにアレルギー疾患がある場合は高い確率で遺伝するといわれていますが、絶対ということではありません。
両親のどちらか一方にアレルギー疾患がある場合でも遺伝する確率はそれなりに高くなってしまいます。

ですがアレルギーは遺伝のみで症状が決まるわけではなく、生活習慣や体質といったものも大きく関係してきます。
そのため子どもをアレルギーにさせない工夫はできるのです。
それにはお母さんのお腹にいる期間の生活が重要だといわれています。
子どもがお母さんのおなかにいる時は、成長に必要な栄養をすべてお母さんからもらうことになります。
その中で必要な栄養が十分に得ることができなければ、成長にも影響が出てしまうのです。

アレルギーにさせないためにはまず食生活から配慮をしなければなりません。
必要な栄養は食事から吸収し、それは血液を通じて赤ちゃんに届けられます。
そのためできるだけバランスの良い食事を心がけ、添加物の摂取にも配慮する必要があります。

他には腸内環境が悪化してしまうとアレルギーの症状が出やすくなるともいわれているので、特に腸内環境は良好に保ちます。
妊娠中は腸が大きくなった子宮に圧迫されて便秘にもなりやくなるため、食事等で積極的に乳酸菌や食物繊維を摂取します。
こうしてお母さんがアレルギーの症状を悪化させないような生活を心がけることで、少しでも遺伝する確率を下げることができるかもしれないのです。

まずは規則正しい生活習慣と食生活の配慮をするだけでも、何もしないよりは効果があるかもしれません。
親が子どもに遺伝させない方法は無いかもしれませんが、してあげられることはやってみることが大切なのです。

アトピーなどは大人になれば治ることもあります

もし子どもがアトピーになってしまっても諦めることはありません。
アトピーは大人になったら治る可能性もあるからです。
アトピーはアレルギーの遺伝の要素があるかどうかだけではなく、生活習慣によって症状が出るかどうかが左右されます。
そのためもし遺伝していたとしても生活に注意するだけで症状が出なくなったり、大人になって体力がついたり免疫力が高まったら治ることもあるのです。
そのためにできることは小さいころから、アトピーの症状を軽くするための生活習慣を身につけることです。

腸内環境を小さいころから良好に保っていると、成長の過程で免疫力がアップするといわれています。
そのためできるだけ腸内環境を良好に保つ工夫をしてあげます。
毎日の食事に発酵食品を取り入れたり、毎朝の排便習慣を身につけさせることも大切です。
水分を積極的に摂取させるように促したり、食事で不足してしまう栄養素はサプリメントなどで補ってあげることもできます。

またアトピーの症状が出てしまった時はできるだけ医師の判断に従って、治療を行ってあげることも必要です。
アレルギーは適切な治療を行えば症状を抑えることができるので、酷くなる前に適切な判断をすることが大切です。
特に小さな子どもは周囲の大人が体の変化に気づいてあげることが必要です。
生活で行える対策をしてあげれば、成長と共に症状に悩まされることは少なくなります。
そのため子どもにアレルギーが遺伝してしまっても深刻に考えず、症状が出たとしてもさらに悪化させないためのサポートをしてあげます。

対策は小さいころから行っていれば成果が出やすくなり、症状が改善する確率も高くなります。
そのためにも規則正しい生活がまず一番重要なポイントになるのです。

関連記事