• ホーム
  • アレルギーの種類と検査方法

アレルギーの種類と検査方法

体には、体内に細菌やウイルスなどの異物が侵入すると攻撃し排除する免疫システムがあります。
この免疫システムが危険でないものにまで反応し、攻撃を起こしている状態がアレルギー反応です。

アレルギーの治療には原因となる物質の特定が必要です。
この物質は、アレルゲンと呼ばれ血液検査によって特定することができます。
しかし、全てのアレルゲンを特定できるわけではなく、疑わしい物質に対しアレルギー反応を起こすか否かの検査となります。

アレルギーの検査は、皮膚科、耳鼻咽喉科、アレルギー専門の外来などで行われます。
小児の場合は小児科となります。
内科でも調べることが可能な病院があります。

アレルギーの検査費用は、保険適用の場合と保険適用外の場合があります。
保険適用になるのは、アレルギーの疑いがある症状が起きていることが条件となります。
病気として認定されていないものは保険適用外となります。
アレルギーの疑いがある場合でも、保険適用の範囲で検査できるアレルゲンの項目は決まっていますので、調べるアレルゲンの項目数によっても費用は変わってきます。

アレルギーの検査は、一般的に血液を調べることで行います。
血中抗原特異的IgE抗体検査と呼ばれています。
血中のIgE(免疫グロブリンE)というタンパク質は、アレルギーと密接な関係がありIgE抗体検査ではアレルゲンへの抗体反応を調べることができます。

IgEの正常な基準値は170~250未満とされていますが、数値が正常でもIgE抗体が見られるケースもあります。
IgE検査には、アレルギー体質の程度を知る非特異的IgE検査と、何に対するアレルギーか分かる特異的IgE検査の2つに分かれます。
また、直接皮膚に物質を当ててアレルギー反応を確認するテープ貼り付けのパッチテストもあります。
IgE抗体を調べることでアレルギーの原因となっているハウスダスト、ダニ、花粉、動物、昆虫などかなりたくさんのアレルゲンを特定することができます。

アレルギー検査の項目は自分で選ぶことができる

アレルギーには様々な構造や経路が存在します。
代表的なものがIgEです。
検査では、このIgE抗体量を調べることでアレルギーの有無や程度を数値として確認することができます。

ある特異的なアレルゲンに対するIgEの個別検査を特異的IgE検査(RAST)といい、不特定のアレルギーに対するアレルギーの強さを調べる検査を非特異的IgE検査(RIST)といいます。
RASTでは、検査したいアレルゲンの項目を13項目まで自分で選択することができます。
この検査では、約200種類のアレルゲンの中から自分で検査項目を選ぶことが可能です。
費用は、保険適用の3割負担で5000円程度となります。

1回の検査で、ハウスダストなどの室内塵、ダニ、薬物、ホルマリンなどの職業性の物質、スギ・ヒノキなどの花粉、ヨモギ・タンポポなどの雑草花粉、小麦などのイネ科植物花粉、ミツバチ・蚊などの昆虫、猫・犬など動物上皮、アニキサスなどの寄生虫、卵白・エビなどの食餌性アレルギーなど200種類もの中から13項目を選ぶこととなります。

一方、IgE-MAST33は33項目のアレルゲンを一度に調べることができるセットですが、この項目は決められており自分で選ぶことはできません。
同じく検査費用は、保険適用の3割負担で5000円程度となります。
また、Viewアレルギー36も、36項目のアレルゲンを一度に調べることができるセットですが、この項目も決められており自分で選ぶことはできません。
いずれも保険適用となりますが、RASTに関しては14項目以上を選ぶ場合は自費での検査となりますので、自分のアレルゲンを特定するためも医師への相談が不可欠といえます。

関連記事