• ホーム
  • アレルギーになってしまう体のメカニズム

アレルギーになってしまう体のメカニズム

昔に比べて、現代人はアレルギー体質の人が多くなったと言われます。
市販されている食品には、さまざまな食材に対するアレルギー表示が義務付けられています。
卵、小麦、大豆、乳成分、エビ・カニ、そばなど多品種に及びます。

また、魚などが原料の食品の場合は、それがエビ・カニを食べているかなどにも神経を使った表示がされるほどの気の配られ方です。
それは、食材によるアレルギーがアナフィラキシーをはじめとして生命に関わる症状を生むこともあるためです。
幼児の場合、まだ体に耐性ができないうちにアレルギー物質を体内に入れてしまうと、大人とは違って深刻な状態になることが少なくありません。

また、食材以外のものにもアレルギー物質は含まれています。
その代表的なものが花粉やハウスダストです。
空中に漂う物質を吸い込んだり目の前にある物質を手で触れてもアレルギー反応は起きてしまいます。

本来、アレルギー反応とは、無害な抗原について免疫反応が起きることで引き起こされる反応のことを言います。
特定の物質を摂取したり接触をすると、体内にはBリンパ球の作用により免疫グロプリンと呼ばれる抗体が作られるのですが、次に同じ物質を摂取、接触すると抗原抗体反応が起きてしまいます。
これをアレルギー反応と呼んでいるのです。
このときに体内に入ってアレルギーを起こさせてしまう物質をアレルゲンと呼んでいます。
アレルギーの元ということです。

ただ、通常のアレルギー反応ではなく、Bリンパ球の作用でできる免疫グロプリンの過剰な反応をそのままアレルギー反応と呼ぶことが多く、混乱しがちになっているのです。
アレルゲンが体内に侵入すると、肥満細胞が化学物質を分泌し、その際にヒスタミンが放出され、これが通常のアレルギー反応を起こすことになります。
肥満細胞はマスト細胞とも呼ばれていますが、体の肥満とは一切関係のないものです。
体のメカニズムで言えば、病原菌が粘膜などに付着しようとすると、そこで炎症などの免疫反応を起こして菌の侵入から体を守ってくれるのが肥満細胞であり、善玉の細胞というわけです。
炎症を起こしたりすることで悪玉にも見られがちですが、炎症を起こすことは病原菌を入れないように闘っているわけで、体のメカニズムとしての防衛機能が働いているということになるのです。

クラリチンは気軽に安くネット通販で購入できる

多くの人が悩んでいるアレルギー症状にアレルギー性鼻炎というものがあります。
ハウスダストを中心とした有害物質を鼻から吸い込むことで抗原抗体反応として、目のかゆみ、鼻水、鼻のムズムズ感、くしゃみなどの症状が出るものです。
人によって出てくる症状が異なるのも特徴となっています。

アレルギー性鼻炎について、たいへん効果のある医薬品として注目されているのが、クラリチンという抗ヒスタミン薬です。
抗ヒスタミン薬というのは、アレルギー反応を起こさせるヒスタミンをブロックしてくれる薬のことです。
クラリチンの薬としての特徴は、ヒスタミンをブロックしてくれるほかに、その前段階である花粉が鼻の粘膜から侵入してヒスタミンが放出されるのも抑える抗アレルギーの働きがあるというものです。
そのため、クラリチンの服用については、タイミングが大事になります。

花粉が飛んできて、鼻水やくしゃみが症状として出始める前にタイミングよく服用することで、この抗アレルギー作用が働くのを期待できるのです。
それに、すでにアレルギー反応が現れた後でも抗ヒスタミン作用が働くので、最初にタイミング良く服用できなくても、別の異なるタイミングでもこちらのほうの効果に期待できるのです。
クラリチンは、インターネットの通販サイトで手軽に購入することができます。

クラリチンには海外でジェネリック医薬品も出されているので、こちらをネット通販で購入すれば、かなり格安で手に入れることができます。
海外サイトからは個人輸入することになるので、もし語学が苦手という人は代行業者から購入したほうが無難かもしれません。
自分で直接個人輸入するより若干高めにはなりますが、海外とのやりとりの際のトラブルを考えれば、手軽に手に入るということで、お勧めの購入方法です。

関連記事